※とにかく一度ご相談ください。
直接お見えになるか、此方から伺うか、電話連絡が良いかと思います。
メールなどによる文字化の対応よりも、上の下線部のようなやり取り(対話)を心掛けております。